たまに利用するからこそ新鮮な気持ちで楽しめるデリヘルについて

大阪の外人デリヘルの醍醐味について

私は風俗店がその季節ごとに行うイベントを心待ちにして楽しみにしています。
今では日本の風俗店では行わなくなってしまいましたが、私が大学生の頃のピンサロ店などは夏になると納涼大会と称してお化けのコスプレをしたピンサロ嬢が接客をしたり、冬になるとサンタクロースのコスプレをして接客をしたりしたものでした。
現在私はピンサロ店にはほとんど行かなくなり、主に利用しているのはデリヘル店、それも激安デリヘル店かぽっちゃり系デリヘル店ばかりになってしまったのですが、私が5年前から利用しているぽっちゃり系デリヘル店では夏になると毎年恒例のイベントを行います。
それはラブホテルやレンタルスペースのエアコンの空調を最高温度に設定して汗まみれになりながらデリヘル嬢とプレイをすると料金が半額になるというイベントです。
何でもぽっちゃり系デリヘル店の経営者がエコ志向の人で、夏の節電に貢献した人にお金を還元する目的で始まったという事ですが、私はこのエアコンの最高温度設定の中で行うぽっちゃり系デリヘル嬢とのアナルファックプレイが大好きなのです。
ただでさえむっちりとして肉感的なぽっちゃり系デリヘル嬢が汗まみれになる姿は卑猥以外の何物でもありません。
アナルの匂いも室温が高いとより立ち昇ってきて私の鼻を刺激して興奮度が増し、夏のエアコン最高設定温度イベントの時は毎回大量の精子をぽっちゃり系デリヘル嬢の直腸内に注入出来るのです。

トピックス

たまには難波のデリヘルで非日常を味わってみよう

毎日毎日仕事ばっかりの日常生活を続けていると、どうしても肉体面はもちろん精神面にも負荷がかかってしまって、下手をすると体を壊してしまう可能性だって否定できません。もちろん仕事と遊びをキッチリと分けられる人だったら上手くストレスを解消できますが、休日は寝てるだけなんて無趣味の人は結構知らず知らずのうちに…

記事一覧